年賀状は気持ちをこめたやりとり

年賀状というのは日本人に欠かせないやり取りです。

1年を通してお世話になって人はもちろん、近況報告もかねて年賀状のやり取りをします。
また新しい家族ができた場合は写真をつけて、喜びを報告する手段でもあります。

年賀状を書くときは最近ではパソコンを活用します。
住所録から相手の名前や住所を出して、プリントアウトしてくれるので昔に比べると手間がかからずスピードも速いです。

後ろの画像などもパソコンでサッと書くことができます。
毛筆などもフォントを選ぶことでオリジナルに書くことも可能です。

ですが年賀状をそのまま出してしまうのはとても気持ちが込められていないように感じられるので私は一筆自分の手で書くことにしています。

誰それさんときちんと名前を書くことで、相手にも伝わるような気がするので、いくらパソコンで自由に年賀状が書けるとなっても筆を欠かすことはありません。

もちろん今年も100枚ほどお世話になって人や懐かしい人たちに年賀状をもう送りました。
きっと今年の郵便局もバイトさんたちで慌ただしく動くのでしょう。

年賀状には懸賞もついており、それも1つの楽しみです。
去年は切手シートが当たりましたが、今年は何か当たるのかと期待に胸を膨らませています。

ちなみに年賀状の懸賞は新聞欄で読むことができます。
年末のジャンボ宝くじが終わったあとの、小さなお楽しみといったところでしょうか。

近年ではEメールの発達により「あけおめメール」などでサッと手軽にやり取りができます。
もちろん私も携帯メールは普段から使っているので、あけおめメールでやり取りすることは簡単です。

パソコンでのメールマガジンも一斉メールで「あけましておめでとうございます」とたくさんの人から送られてきます。

スマートフォンのアプリなども発達しておりLINEアプリなどを使うとスタンプを送信することもできて、それで気持ちを伝えているようです。

ですが、一手間かけて作った年賀状はひと味違うことを若い人達には分かってほしいと思います。

継承や文化、伝統などではなく人と人との繋がりは生きていくうえで重要なものです。

0と1で組み合わせたビットデータであるEメールでやり取りをするよりも、自分の手で心を込めて書き上げた年賀状がどれほどの喜びを送ることができるか分かっていただきたいと考えています。

年賀状を書いたことで腕は疲れますが、私の心は晴れやかな満たされた気分でいっぱいです。

今年のお正月もたくさんの年賀状が私に届き、1枚1枚目を通すのが楽しみで仕方がありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*